漫画アプリ

【月額定額】有料でも読み放題のおすすめ漫画アプリ&サイト8選


人気記事

漫画村の代わりに漫画が読める無料アプリ


漫画アプリ&漫画サイトといえば、少し前に話題になった「漫画村」がみなさんの印象に残っているのではないでしょうか。

その後も、無料でマンガが読めるアプリは公式でも沢山出てきました。しかし、無料で読むには制約が多く、それらを煩わしく感じる大人も多いようです。

特にビジネスマンの方は、仕事で疲れている時にログインボーナスを貰いそこねてしまうこともあり、学生さんと同じアプリでは不便に感じることもあるでしょう。

今回はそんな大人の方に向けて、有料で読めるアプリをご紹介していきます。

無料漫画アプリにある面倒な「あるある」5つ

無料漫画アプリには無料で読むための仕組みがあります。大手出版社が提供している無料アプリや提携している会社の無料アプリには、忙しい大人の方にとって主に以下のような困り事があるようです。

1、広告がうるさい・邪魔に感じる

これは誰しもが思うことかもしれません。忙しい昼間の休憩時間にこそっと読んでいるのに、誤クリックで別のサイトに繋がって「イラッ…」としたことも多いでしょう。

広告の配置のしかたが親切でないサイトが多いのも事実ですが、運営者が無料で運営するには広告からの収入が不可欠であるため、広告を外すことはできないのです。

2、「待てば無料」のログインボーナスを逃した

「待てば無料」は現在大手出版社が運営されているアプリでもっとも多く利用されている運営方法ですね。

1日2回、無料のアイテム(チケット・コイン・ライフなど)が回復するため、無料で読み進めることができるものです。

しかし、これがちょっとクセ者で、ログインボーナスなどのキャンペーンを上手く利用しなければなかなか貯まらないのです。

残業必須の社会人は「毎日同じ時間にログインできる学生うらやまー!」となるので、やはり不便を感じるようです。

3、インディーズ作品にそもそも興味がない

広告のない無料マンガアプリを利用すると遭遇するのがこの問題です。インディーズ作品しか取り扱っておらず、結局読みたいマンガが読めない、というジレンマ。

職場の同僚との雑談で、映画化された作品の原作を読んでみたいと感じることもあるでしょう。

「インディーズとか興味ないから、ぶっちゃけ話題作が読みたいんだよね…」と思ったなら、有料アプリの方がいいかもしれません。

4、Wi-Fiを節約しなくてもいいから快適に読みたい

無料アプリの多くは学生さんがユーザーの大半を占めているので、端末にデータをダウンロードして読むタイプもあります。

大人は会社にWi-Fiが通っていたり、ポケットWi-Fiを携帯したり、とあまり通信料は気にしなくて済みますよね。

買い切り型で電子コミックを買って、そのままストリーミングで読んでも差し支えないと思います。

「なんかもう、有料でいい気がしてきた…(グッタリ)」

無料で読むには、大人はやはり制限が多いです。それでも「OKじゃん!」だと思ったなら、ぜひこちらの記事をお読みください。

・・・考えただけでもなんだか面倒な無料アプリ。先ほど挙げたのは、不便な事柄のごく一部です。

そもそもマンガは読みたい時に読むものなのに、そのマンガに時間を合わせてしまうということが、大人の方は耐えられないようです。

それならばもう無料にこだわる必要はありません。いっそのこと「もう有料で!」と思われた方は、ぜひこの先を読みすすめてみてください。

定額読み放題(月額会員制)で誰よりお得に!5選

有料のアプリの中でも、定額読み放題はひと月あたりの課金額が決められるので、沢山のマンガを読み進めたい方におすすめです。

大人になっても読むのをやめられないのが少年マンガや少女マンガ雑誌ですよね。かといって、休日書店で買おうにも、小学生がいっぱいでなんだか気恥ずかしいかもしれません。

そんなときは大手のメーカーや出版社が出している公式サービスを使うのもアリです!

< 定額読み放題の有料アプリ 比較表 >

特徴 補足
auブックパス 月額読み放題562円 auユーザーのみ
少年ジャンプ+ 月額960円で週刊少年ジャンプ読み放題 ジャンプGIGAも対象
サンデーうぇぶり 月額1,080円で週刊少年サンデー読み放題 ゲッサンは対象外
マガポケ 月額840円で週刊少年マガジン読み放題 Web版もあり
コミックシーモア 月額1,480円で対象コミック読み放題 月780円もあり

auユーザにおすすめ定額アプリ『auブックパス』

auのユーザーからアツイ支持があり、他社ケータイを使っている方からも「羨ましい!」と言われているのが『auブックパス』というサービスです。

Web版だけでなく、なんとアプリ版もあります。読み放題の対象作品が月額562円で読み放題になります。

ブックパス:マンガ/雑誌/小説などが楽しめる電子書籍アプリ

ブックパス:マンガ/雑誌/小説などが楽しめる電子書籍アプリ
無料
posted withアプリーチ

不動の人気!ジャンプの読者なら『少年ジャンプ+』

『少年ジャンプ+(プラス)』の月額税込960円のサービスならスマートフォンで「ジャンプ」がチェック出来ちゃいます。

課金したその月から、期間内に配信されれている「週刊少年ジャンプ」と「ジャンプGIGA」が読み放題(定期購読)という形になります。

ジャンプの名作

・ワンピース
・るろうに剣心
・ジョジョの奇妙な冒険
・銀魂

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
無料
posted withアプリーチ

サンデー読者ならチェックしなきゃ!『サンデーうぇぶり』

サンデー読者なら『サンデーうぇぶり』をチェックしましょう。

月額の定期購読は、一ヶ月税込1080円で「週刊少年サンデー」が読み放題になります。「ゲッサン」は対象に含まれませんので、ご留意ください。

サンデーの名作

・名探偵コナン
・犬夜叉
・MAJOR
・からくりサーカス

サンデーうぇぶり - 人気マンガ・ウェブまんがが無料コインで読める漫画アプリ

サンデーうぇぶり – 人気マンガ・ウェブまんがが無料コインで読める漫画アプリ
posted withアプリーチ

マガジンをポケットに入れて携帯しよう『マガポケ』

週刊少年マガジンの読者なら『マガポケ』がおすすめです。

ジャンププラスやサンデーうぇぶりと同じく、定期購読のサービスがあります。マガジンの場合は、月額税込840円で毎週分のマガジンが読めちゃいます。

マガジンの名作

・金田一少年の事件簿
・ダイヤのA
・デスラバ

マガポケ - 人気マンガが無料で読める、週刊少年マガジン公式コミックアプリ「マガジンポケット」

マガポケ – 人気マンガが無料で読める、週刊少年マガジン公式コミックアプリ「マガジンポケット」
posted withアプリーチ

大人なマンガが読みたい方におすすめ『コミックシーモア』

『コミックシーモア』はアプリ版がなくWebブラウザ版のみとなりますが、料金体系がさまざまあります。

TL・BL・GL・アダルトなどのジャンルが幅広く揃っているのが魅力で、買い切り型(従量課金型)を選ぶこともできます

また、トップページから「レンタル」のタブを選ぶと、一部のコミックがレンタル可能です。

月額会員ですと、1,480円の定額で「読み放題フル」というサービスが利用できます。コミックからライトノベル、成人まで、幅広いジャンルを網羅できるのが魅力です。

一方、月額780円の定額サービス「読み放題ライト」は、アダルトなどの性的な描写のある本が含まれないプランになります。 

 

コミックシーモアの本棚アプリ

コミックシーモアの本棚アプリ
無料
posted withアプリーチ

サクッと読むなら買い切り型(従量課金制)!TOP3

従量課金型のサイトやアプリはさまざまありますが、みなさん心配されているのがサービスが終了してしまわないかということ。

その辺りは、有名どころの大手で利用者が多いものを選べば正解だと思います。この記事では、ユーザーの評判がいいアプリを厳選しました。

< 従量課金のアプリ&サイト 比較表>

サービスの特徴
honto ジュンク堂・文教堂・丸善と提携。紙と電子のハイブリット。
AmazonKindle Amazonが運営。使い方がシンプル。
eBookJapan ラインナップが多い。昔の漫画も多数揃えている。

 

1位:操作が快適!ジュンク堂書店との提携アプリ『honto』

『honto』は紙の本と電子書籍、どちらにも特化したハイブリッド型のサービスです。Webブラウザでも利用できますし、アプリでも利用できます。

アプリ版は開いた時に購入した本がとても見やすくなっており、ストリーミングで読むこともできますし、端末保存して読むことも可能となっています。

読んだ本を途中で閉じる前に「しおり」機能を使うとさらに便利です。立ち読みや試し読みもあるので、コミックの作画を確かめてから購入すると満足度が増す気がします。

公式ページ

2位:やっぱりAmazonで読みたい!『AmazonKindle』

みなさんから絶大な信頼と人気のある『AmazonKindle』。ショッピングで人気のあるAmazonが運営しているため、サービス終了の心配がなく利用できます。

(※トップページで月額読み放題制の『AmasonKindleUnlimited』が紹介されていますが、対象の書籍があまりにも少なく、コミックを読むには適しませんのでこちらのサービスはおすすめできません。)

あくまで、Kindleストア内で1冊ごとに買い切る形がいいでしょう。通常の紙のコミックを買うのと金額はほとんど変わりませんが、まれに数円差がある場合もあります。

Web版では中古との値段の比較ができるのも魅力ですね。Kindle専用の電子書籍リーダーもあるので、アプリ版もチェックしてみてください。

公式ページ

3位:古の名作も!品揃いが半端ない『e book Japan』

電子書籍なら、『ebook Japan』もおすすめです。とにかくコミックの品ぞろいが多く、昔の名作から今の人気作までしっかりと取り揃えてあるのが魅力です。

運営しているのはYahooのグループ会社であるイーブックイニシアティブジャパンなので、安心して利用できます。

購入した本を「クラウド本棚サービス」で管理できるので、そこからダウンロードしてさまざまな端末で楽しむことができます。本棚が背表紙で管理できるのも魅力です。

アプリ版としてもインストール可能ですが、操作性があまり良くないというレビューが多いので、Web版をおすすめします。

マンガebookjapan - 無料の漫画を毎日読もう!

マンガebookjapan – 無料の漫画を毎日読もう!
posted withアプリーチ

大人の財力なら有料アプリがGOOD

お金をかけない節約が美徳とされる風潮がまだまだ色濃い現代社会ですが、大人であればきちんとお金を払って電子コミックを購入したいものです。

また、お金を払ってマンガを読むという事は、頑張ってマンガを描いている作家さんを直接応援する事にも繋がります。

ぜひ、あなたも有料アプリを使ってみてください。