漫画アプリ

何の漫画アプリ?CM(広告)で話題の漫画アプリまとめ

あなたはマンガアプリのCMや広告を見て印象に残っているものはありますか?ショッキングな絵柄のWeb広告や、笑いを誘うようなYouTube広告など、日頃さまざまな広告を目にする機会は多いと思います。

 

今回は「何のアプリなんだろう?」と思うような広告と、配信先であるアプリについてじっくりとご紹介したいと思います。

WEB広告で人気の漫画アプリ

あの衝撃のWeb広告を配信しているのはいったいどこのアプリなのか、気になって調べてみました。

 

多くの方がWebのマンガ広告にはあまり良い印象を抱かないかもしれませんが、サイトやアプリはしっかりと運営されているようなので、安心して読んでください。

 

「Renta!」

「Renta!」は、マンガをレンタルすることができるアプリです。「レンタルってどういうこと?」と疑問に思うかもしれません。レンタルというのは、端末でマンガが読める期間のことを言うので、実物の本が届く訳ではありません。通常マンガを買う時と同じような手順で、通常よりも安い値段で読む(レンタルする)ことができるのが魅力なんです。

 

以前はチケット制でしたが、現在はポイント制になっています。初めにポイントを購入して、そのポイントを使ってレンタルする仕組みとなります。一度読んだマンガは読み返さない方は、レンタル機能を使った方が、相場に比べてかなりお得だと思います!

 

そして広告ですが、かなりインパクトがあるこちら広告は、「Renta!」のものです。この他にも、ちょっとビックリするような広告を配信しています。

 

こちらのマンガは『女装男子みいちゃんとその彼氏?けい君(作:meco)』です。男子校で生活していた圭一が、親友の南をフッてしまうところから物語が始まります。すると南が女装して登校してきてーーー!?ドキドキなBLストーリーです。

 

「Renta!」には端末ダウンロード機能はありませんが、マンガによっては無期限ダウンロードもあるので、読み返したくなる作品はそちらを利用するのも良いかもしれません。

 

「まんが王国」

「まんが王国」もポイント制の電子書籍サイトです。有名作が揃っているのと、ポイント購入方法が「月額コース」と「ほしい時だけ」が選べるところから、とても利用しやすいです。ランキングを見ると、広告で話題になった作品が多数ランクインしています。

 

無料でじっくり試し読みができるのも魅力です。「まんが王国」の試し読みは他のアプリに比べてストーリーの流れが分かるまで読めるのが嬉しい点ですね。絵のタッチだけでなく、ストーリーで読むマンガを決めたい方には優しいサービスだと思います。

 

ランキングやお気に入り機能など、Web版からアクセスすると便利な機能が色々使えます。ちょっと残念なのは、アプリはビューワーに特化されているので、お気に入り機能などが使えないことですね。今後の改善に期待します!

 

そしてこちらの広告が「まんが王国」から配信されているものです。こちらは可愛らしい広告ですが、他の物は少々グロいものやインパクトのあるものが多い印象です。

 

こちらは『姫さま狸の恋算用(作:水瀬マユ)』というマンガで、大学受験を控えた主人公の陸の前に突然許嫁としてたぬきがやってくるというものです。なんとかして進路を決めたい陸と、家のしきたりに従ってマイペースにたぬきと結ばれることを望む両親との掛け合いが楽しいですよ!

 

「めちゃコミック」

めちゃ犬というキャラクターでお馴染みの「めちゃコミック」。こちらもポイント制のマンガサイトとなります。購入するポイントが多ければ多いほど、ボーナスで付与されるポイントが大きいのが特徴です。

 

また、無料の立ち読みができるのが嬉しいポイントです。トップページから確認できるもののなかには「10巻無料」という驚きの文字が。カテゴリーの中にもしっかりと無料漫画というタグがあります。検索が作家の名前でもOKなのが嬉しいですが、アプリが無いのが難点ですね。Web版(ブラウザ版)で見るしかありません。

 

そしてこちらの広告を配信しているのは「めちゃコミック」です。全体的にかなり過激なものが多いのですが、本編の大筋の内容とは関係ないキャッチコピーの場合があるようでユーザーからは賛否が分かれている様子です。

 

こちらの作品は『海月姫(作:東村アキコ)』です。イラストレーターになって上京したクラゲ好きのヲタク女子である月海と女装男子である蔵之介のシンデレラストーリー。独特な絵のタッチと、抑揚のあるストーリーに惹かれる読者も多く、アニメ化もされた人気作品です!

 

Youtube広告で話題の漫画アプリ「マガポケ」

「マガポケ」は少年マガジン系のマンガが見られるアプリです。マガジンは雑誌としても古くから親しまれており、今もさまざまな年代の男女から人気のあるマンガです。

 

アプリとしての「マガポケ」では、チケットで毎日1話無料となるほか、動画視聴でポイントを貯めることでも無料で読むことができます。曜日ごとに更新される連載マンガからは目が離せません!

 

通常はその都度買い切る形で購入する方法となりますが、無料で読む方法が充実しているので、うまく使ってお得に楽しみたいですね。月額840円で毎週分の「少年マガジン」を読むことができるそうです。

 

「マガポケ」のCMが公開されていました。こちらのCMで登場する漫画作品は『イジらないで長瀞さん』『我間乱ー修羅ー』『ギャル✩クリ!』『デスラバ』『中華一番!極』『暴虐のコケッコー』『金田一少年の事件簿外伝』です。

 

女の子が次々とマンガの内容に沿ったキャラクターへと変化していくのですが、吹き出しもついているコミカルさがなんとも言えず素敵です。これからもっと人気がでていくCMではないでしょうか。

 

漫画アプリ「コミックシーモア」のバスCMが話題!

バスのCMでお馴染みのマンガアプリ「コミックシーモア」も、長年親しまれている電子書籍アプリのひとつですよね。1巻ごとの買い切り型ですが、レンタル2泊3日で最大83%OFFや、月額読み放題のプランもあるので、自分の読み方に合ったプランが選べそうですね。

 

月額読み放題のプランは月額1,480円の「読み放題フル」と、月額780円の「読み放題ライト」の2種類があって、対象のマンガが読み放題になります。「読み放題フル」は大人向け・BL・TL・ラノベまで読み放題の範囲が広がるという違いがありますよ。

 

「コミックシーモア」はマンガのダウンロードにも対応しているので、通信速度や通信料が気になる方にとっても安心ですね!

 

バスのCMで話題のコミックシーモアです。Webの広告ではかなりグロイ表現をつかうコミックシーモアですが、こちらのCMはとても爽やかで好感が持てますね。バスに揺られている女性が、スマホのコミックを見ながら、百面相をする様子が描かれています。

 

こちらのCMはロングバージョンで、BGMに使われている女性ボーカルの曲が好きだと何度も再生してしまう方も多いようです。このバージョンは既に2万回も再生されています。

 

漫画アプリ「XOY」のサイレントマンガCMが人気!

「XOY(ジョイ)」は完全無料で読むことのできるマンガアプリです。クーポンやポイントなども無く、そのまますんなり読み進めることができます。なぜ無料なのかというところが皆さん気になっているようです。

 

公表されている正式な情報はありませんが、プロの漫画家さんの作品ではなく、インディーズマンガを掲載していることや、外国の作家さんを多く起用していることが、無料の理由なのではないかという見方が多いようです。

 

※2018年9月13日にアプリやWeb内で告知がされましたが、「XOY」が提供しているマンガサービスは、「LINEマンガ」と統合されます。

詳しくは下記公式ページをご覧下さい。

▼ XOY お知らせ https://xoy.webtoons.com/ja/notice/detail?noticeNo=850&webtoon-platform-redirect=true

 


今までになかったタイプのマンガを次々と発表してきた「XOY」。2017年には、ついにマンガ『めぐるめく季節の中で』にBGMが付いたことまで発表されましたね。

 

こちらのCMは、XOYの話題作であるセリフのないサイレントマンガ『彼女たちは語らない』のキャラクターたちが描かれています。きれいな旋律に合わせて、言葉が無くても伝わる恋が描かれていて、マンガのファンから多数応援のコメントが投稿れています。

 

漫画アプリ「ピッコマ」のCM音楽はあの曲!

テレビのCMでも知られるようになった「ピッコマ」は、「待てば\0」ということでもお馴染みですね。アカウントを作成すれば、40,000話以上を無料で読むことができます。また、「今だけ\0」という期間限定で有料のコミックを無料で公開しているタイミングもあります。

 

少し驚きなのは、「今だけ\0」に話題作が多いことです。映画化作品はもちろん、アニメ化作品も期間限定無料となっているものがあるので見逃せないですね。待たずに読むには購入することが必要になります。「ピッコマ」の最大の魅力は広告が無いことが挙げられます。無料で読めるアプリの多くは広告を利用していることから「どうしても広告は嫌だ」という方におすすめします。

こちらが話題となっているCMで、iKONという歌手の「LOVE SCENARIO」という楽曲とのコラボレーション動画になっています。既に再生回数は116万回を超えているという背景からもiKONの人気ぶりが伺えますね。

 

最後に

今回は広告で話題のマンガアプリについてをお届けしました。ショッキングな後味の悪い広告は、なんだかいやな気持ちになりつつも続きが気になってしまいますよね。

 

「いったいどんなアプリなんだろう?」と思ってみると、どこもしっかりと好印象を受けるようなアプリ(サイト)でした!過激な広告は、グロいものやホラーではなく、できればもっと明るい話題のものが見たいですよね、今後に期待しましょう。

 

また、Web広告とは別の動画の広告はかなり作りこまれている様子でした。YouTubeのCMは話題になるとシェアが多いことからも、今後もっと楽しい広告が増えてくるかもしれません。引き続き、チェックしていきたいですね。ここまで読んでくださって、ありがとうございました。