【2019年9月】最強の無料漫画アプリ比較ランキングTOP20


漫画アプリっていっぱいあってどれがいいかわからない!

今や全てのアプリを網羅することは不可能と言えるほどたくさんの漫画アプリがあります。

てことでまとめました。それがこちら(抜粋版)。

アプリや登録自体は無料なので安心してダウンロードしてください。

系統 特徴 デメリット 無料マンガ アプリ
最強
オススメ
いろんな人気漫画が無料で読める なし 無料あり 1マンガBANG
出版社
オススメ
いろんな人気漫画が無料で読める その出版社の作品しか読めない 無料あり 2マガポケ
3マンガワン
4マンガPark
5マンガUP
買い切り 1冊ずつ買うタイプ 一番コスパは悪い なし 6honto
読み放題 月1,000円などで読み放題 すべての漫画が読み放題ではない なし 7コミックシーモア
レンタル 1冊100円程度と安い 繰り返し読めない なし 8コミックシーモア
完全無料 インディーズのみ無料で読める 人気漫画は読めない あり

比較表にまとめたのは一部です。これ以外にももっとありますよ。それでは詳しく解説してきますね。

Contents

無料なの?有料なの?アプリの特徴を比較解説!

一度お気に入りのアプリを使用すると、他のアプリを試すのはなかなか面倒になってしまいますよね。

しかしあなたの知らない間に、実はもっとおトクな漫画アプリが出ているかもしれません。

まずは、さまざまな漫画アプリの料金体系ごとに大きな違いがあることを理解しましょう。

  • 買い切り型(1話・1巻ごとに有料)
  • 定額読み放題制(月額有料会員)
  • 完全無料読み放題(全て無料)
  • 待てば無料(一部買い切り)
  • レンタル(有料レンタルと無料レンタル)

ではさっそく違いついてしっかり情報を比較しましょう!

『買い切り型』は1話・1巻ごとに有料で買い切る仕組み!

買い切りというのは、従量課金制のように買った分だけ料金がかかるもののことです。

現金で買うものと、コインなどのアプリ内通貨を使用するものがありますが、特徴は「1話」や「1巻」ごとに支払いがあることです。

『honto』や『auブックパス』や『booklive』などのように、買った分だけ料金がかかるシステムはとても分かりやすいので、お得さよりもこの分かりやすさを好んでいる人も多いのです。

買った漫画はアプリ内で読めるもの、端末に保存できるダウンロード機能によって読めるものがありますが、それはアプリによって違いがあるようです。

1ヶ月ごとに課金するのが『定額読み放題(月額会員制)』

定額読み放題というのは、アプリ上で月額料金を支払うことで読み放題になる料金体系です。この方法を導入している漫画アプリは、『コミックシーモア』、Amazonの『Kindle Unlimited』、『auブックパス』などがあります。

定額読み放題は、対象となっているマンガがあらかじめ決まっていることが多いので、「あなたの読みたい本が定額の範囲内になるかどうか」でお得に利用できるかが決まってくるでしょう。

もしもあなたの読みたいマンガが読み放題になっていれば、買い切りよりも安くお得に読むことができます。

【月額定額】有料でも読み放題のおすすめ漫画アプリ&サイト8選

なかなか少ない『完全無料読み放題』

「無料で読めるなんて怪しくない?」というのが、多くの方が抱く疑問でしょう。しかし大抵の場合は「無料には無料の仕組みがある」というのが、事実です。

完全無料で読むことのできる漫画アプリは「広告を掲載することで収益になっている」ところや、「プロになる前のインディーズ漫画家の作品を掲載している」とところがほとんどです。

広告によって運営が支えられているために無料で読めることを理解しておくと、マンガアプリを使うときに安心して使用できますよ。

また、プロになる前のインディーズ漫画家の作品を掲載しているところでは、インディーズでもプロ並みの実力を持った方を発見できますね。

インディーズからプロになるなんて、なんだか音楽の業界にも似ています。

このように電子媒体が進化したことによって、今までインディーズで頑張ってこられた方が認められてきているのかもしれません。

今のアプリはこれが主流!チケット集めて『待てば無料』

さらに、無料公開されているマンガの中には、「期間限定やチケット制などのキャンペーンで無料」なというサービスをしているアプリもあります。

大手出版社が運営している、出版社と提携を結んでいる、といったアプリは無料チケット(または無料コイン)を配布しているところがとても多いです。

無料で公開されている期間をしっかりと確認し、チケットを効率よく貯める工夫も調べておくと、漫画アプリを上手に利用できますよ。

買い切り型より圧倒的にお得!『レンタル制』

レンタル機能があるのは、『Renta!』、『コミックシーモア』、そして『コミコ』す。レンタル機能とは、マンガアプリから漫画をレンタルして短い期間のみ読むことのできる機能です。

各アプリによってレンタルできる時間が異なるといった点や取り揃えている漫画の種類が違うというのがこれらのアプリの大きな違いです。

買い切り(従量課金)で購入するのに比べて比較的安いのがメリットですが、期間内に読みきれないこともあるといったデメリットもあります。ご自身の読む速さと相談する必要があるかもしれません。

【料金・評判を比較】レンタルできるおすすめ漫画アプリランキング

どの料金体系が安い?お得な読み方は?

先述したように、料金体系はそのマンガアプリによってそれぞれ異なります。「有料」「無料」で比較するよりことも大切ですが、一概にどれがお得とは言い切れないのです。

それは、あなたの読み方によってお得度が変わってきてしまうから。早速比較してみましょう。

マンガはとにかく冊数を読み込む方

一週間に10冊以上、大量に漫画を読むスタイルの方は、定額サービスを利用するのがオトクでしょう。これなら月額利用料を払ったとしても元が取れます。

漫画を読むのがとにかく早い方

それから、そんなにたくさんは読まないけれど漫画を読むのがとにかく早い方は、レンタル機能を使うのが、買い切り型に比べてお得です。一度読んだマンガは読み返さない方もレンタルが向いているとも言えます。レンタル機能は短い期間しか読むことができない分、買い切りよりも安く値段設定している所が多いです。

マンガは少ししか読まない方

逆に、マンガを読むのが遅かったり、大好きだからこそ一カ月に数冊だけじっくりと読みたいというスタイルの方は、買い切り型のほうがお得になるかもしれません。

無料でも注意!意外と見落としがちな通信量

マンガアプリを利用する際に、通信量のことまではどうしても忘れがちです。

端末に保存せずにストリーミングで読むアプリの場合は通信量が多くなりますので留意しておきましょう。ストリーミングで読むアプリなら、できるだけWi-Fi環境下で利用することをおすすめします。

ダウンロードできるアプリなら、ご自宅などのWi-Fi環境下でダウンロードして端末保存し、外出先では通信量を気にすることなく読むのことができるのもおすすめです。

携帯Wi-Fiを所持していない方は、そういった通信量についても気にしながら選んでみましょう。

比較表

サービス タイプ 読める漫画
U-NEXT
オススメ!
買い切り型 なんでも
FOD
オススメ!
買い切り型 なんでも
マンガBANG 待てば無料/買い切り有 なんでも
ebookJapan 買い切り型 なんでも
マガポケ 待てば無料/買い切り有 マガジン系のみ
マンガワン 待てば無料/買い切り有 サンデー系
マンガPark 待てば無料/買い切り有 アニマル・花とゆめ系
マンガUP 待てば無料/買い切り有 スクエニ(ガンガン)
booklive 買い切り型 なんでも(ラノベあり)
コミックシーモア レンタル/定額読み放題 なんでも
honto 買い切り型 なんでも
コミックコンテナ 待てば無料/買い切り有 マイナージャンル
ジャンププラス 待てば無料/買い切り有 ジャンプ系のみ
ピッコマ 待てば無料/買い切り有 マイナージャンル
サイコミ 完全無料読み放題(インディーズ) マイナージャンル
マンガZERO 待てば無料/買い切り有 マイナー&アダルト
コミコ 待てば無料/買い切り有 インディーズ
LINEマンガ 買い切り型 なんでも
マンガボックス 待てば無料/買い切り有 オリジナル
メディバンマンガ 一部無料・一部有料(マイナー) ホラー・後味悪い系
マンガ図書館Z 完全無料読み放題 懐かしい名作マンガ
dブック 買い切り型/一部読み放題 なんでも
Amazon unlimited 定額読み放題/買い切り型も有り 古い
auブックパス 定額読み放題/買い切り型も有り なんでも
Renta! レンタル アダルトが多い
GANMA 無料(インディーズ) インディーズ
XOY 無料(インディーズ) インディーズ
pixivコミック 期間限定無料/買い切り インディーズ
ニコニコ漫画 買い切り型 インディーズ
マンガKING 完全無料読み放題(インディーズ) インディーズ

 

『買い切り型』マンガアプリランキング!

それでは、特徴ごとに分類したマンガアプリのオリジナルランキングをご覧下さい。

第1位 ビジネス書も読める『honto』

ビジネス書の無料試し読みが豊富なのが『honto』です。他のアプリがマンガとライトノベルに特化しているので、ビジネス書もマンガも豊富に読めるアプリでとしては少し異色なのがこの『honto』でしょうか。

こちらはジュンク堂書店と提携しているアプリなので、ラインナップがかなり豊富です。

買い切り型(従量課金型)で単位が円なのは『booklive』の料金体系とも似ていますが、「○○%OFFクーポン」が頻繁に発行されるのが何よりの魅力です。

端末へのダウンロードとクラウドからのストリーミングとどちらも可能なので、自分の読みたい本に合わせて使えるのが、わたしも気に入っている点です。

第2位 無料登録で1冊無料の『U-NEXT』


『U-NEXT』は動画に特化したサービスですが、実は有名な電子書籍も取り扱っています。

無料のトライアルに登録をすると600ptがもらえるようになっていて、このポイントを使えば、毎月実質1冊分を無料で読むことができる仕組みになっています。

有料会員登録をすれば毎月1200ptがもらえますが、やはりメインは動画なので動画のついでにコミックを読みたい方には向いているかもしれません。

第3位 毎月2冊無料の『FOD』


『FOD』は、有料会員登録月額888円~という料金体系になっています。会員登録の際に貰えるのが100ポイント、さらに毎月8のつく日にログインすれば、ボーナスの400ポイント貰えます。

8日・18日・28日の3回しっかりとログインして1200ポイントを貯めればコミックが2冊は買えるほどになります。ですから『FOD』は実質毎月2冊が無料になるという事です。

第4位 試し読み1話無料の『ebookJapan』


『ebookJapan』は試し読みが1話無料になっています。品揃えの多さを謳っているところなので、試し読みのバリエーションも豊富なのが『ebookJapan』です。

有名なマンガでも各巻にしっかりと試し読みを用意してくれているところが安心ですし、買い切り型なので紙媒体の購入方法と同じです。

ポイントやチケットなどの考え方が煩わしい方は、シンプルな仕組みの『ebookJapan』がおすすめです。

第5位 3キャリア対応!『dブック』

『dブック』は3キャリア全てに対応した電子書籍サービスです。基本は1冊ごとに買い切る形で課金していく形になりますが、画像のようにコミックによっては「○巻無料」というキャンペーンが実施されています。

どの漫画を読むか迷うなら、この無料を読んでみるのもおすすめです。NTTドコモが運営しているサイトですが、どのキャリアの方でもアカウントを作成することができます。

月額会員制ではないので、dアカウントの発行は無料となります。

第6位 ラノベも揃えたいなら『booklive』

コミックだけでなく、ライトノベルや小説も揃えられるのが魅力なのが『booklive』です。「無料のアプリはなんだか仕組みが分かりにくいなぁ」と思う方や、「社会人だし、そこまで無料にこだわらないよ」という方はおすすめです。

Tポイントを貯めたり使えたりできるので、Tカードをお持ちの社会人の方にもおすすめできます。使い方は買い切り型(従量課金)で単位が円なのでとても分かりやすいですし、自分が買った分だけしかお金がかかりません。

三省堂書店と提携しているアプリなので、「ジャンプ」「サンデー」「りぼん」「マーガレット」などさまざまな出版社の作品を読むことができますよ。

Android版とWindows版には、SDカードにマンガのデータをダウンロードする機能がついているようです。たくさん読みたい方にも安心ですね。

第7位 無料連載もあることでおなじみ『LINEマンガ』

スマートフォンを使っている方ならほとんどの方がアカウントを持っているLINEの系列アプリです。集英社・小学館・講談社などの協賛のほか、インディーズの漫画家さんも連載しています。

1巻200~500円ほどで購入することができる買い切り型のほか、一部の無料マンガが期間限定で読めるようです。

『定額読み放題』のアプリ、おすすめランキング!

定額読み放題は、とにかくマンガをたくさん読みたい方に向いています。

第1位 BL・TL・GLが豊富な『コミックシーモア』

『コミックシーモア』は読み放題ライト月額780円、読み放題フルなら月額1,480円で利用できちゃうアプリです。

この料金の違いは読める漫画のバリエーションで、少女漫画や青年漫画や女性漫画を読むことができるのがライト、フルになるとBLやTLや成人向け、さらにラノベなどが読めるようになります。

コースの違いで読める漫画に大きな違いがありますので、自分が読みたいものに合わせてしっかりと選びましょう。

第2位 auユーザーから支持のアツイ『auブックパス』

豊富なラインナップで親しまれている『auブックパス』は、月額562円で読み放題です。この値段でマンガも実用書も読み放題なのはかなりおトクと言えます。auのユーザーならぜひ知っておきたいアプリですね。

残念ですが、ドコモやソフトバンクなどのユーザーは利用することができません

第3位 Amazonが誇る読み放題『kindle unlimited』

月額980円で対象の本が読み放題になる『kindle unlimited』。読み放題プランで初回登録時30日間無料ありのおトクなプランですが、正直なところあまりおすすめできません。

コミックの品揃えが少なく、同様のサービスを比較するとやや他社に劣る印象があるためです。また、読み放題対象外の本になると、買い切り(従量課金)となります。

『kindle unlimited』は「好かれる人のモノの言い方」など実用書が豊富なアプリなので、コミックスを読みたいのであれば自分の読みたい作品がしっかりあるかどうかを確認した上で検討してみてください。

『完全無料で全巻読み放題』アプリのランキング

第1位 懐かしの名作が完全無料!『マンガ図書館Z』

絶版作品や過去の作品を取り扱っているのが『マンガ図書館Z』で、「ラブひな」など過去の名作をたくさん取り扱っている安心のアプリです。

「全巻・いつでも無料」なのはすでに絶版になってしまったマンガや新しいマンガを扱っている為で、広告収益による運営を作家や権利者の許可をとって掲載いるためです。

月額300円で本棚機能が5000冊になったり、PDFが毎月1冊無料でダウンロードができたり、たくさん読みたい方にはおすすめですね。

第2位 ソシャゲ好きなら集まれ!完全無料『サイコミ』

『サイコミ』はソーシャルゲームで人気のマンガ「アイドルマスターシンデレラガールズ」のシリーズも取り扱っています。

マイナージャンルが完全無料で読み放題なのが人気のポイントで、面倒な待ち時間などもありません

ダウンロードなどはできませんが、WiFi環境下でサクサク読み進めたい方や、シンプルに使いたい方にはおすすめですね。

第3位 韓国のインディーズ作品が完全無料な『XOY』

『XOY』は韓国のインディーズ作家の作品を掲載しているということです。

韓流ドラマが国内のドラマと少し違うように、こちらに掲載されているマンガも、国内の他の無料系のインディーズとはひと味違った作品となっています。

第4位 完全無料が最ッッッ高!『マンガKING』

ポイントやチケットなどの機能がなく、完全無料で利用できる数少ないアプリです。

読み放題という広告そのまま、といった感じです。インディーズやすこし古い人気漫画が多いですね。

 

アイテムで『待てば無料』アプリのランキング!

『待てば無料』というアイテムやライフの回復を待って無料で読み進めるタイプのアプリが増えています。これらを提供しているのは、なんと大手出版社!です。

この記事を書きながら筆者も「一昔前なら考えられないくらいすごい・・・!」と思いました。その充実のサービスを丁寧にご紹介しましょう。

第1位 ジャンプの読者ならやっぱり『ジャンププラス』

『ジャンププラス』ならジャンプでおなじみの「銀魂」や「ToLOVEる」などの人気のマンガをたくさん読むことができます。無料連載作品や期間限定無料作品が豊富!

なんといっても嬉しいのが、ボーナスコインを貯めれば無料で読み進めることができる、という点です。

毎日ログインして「ジャンケンバトル」というイベントに参加したり、新連載作品を1話読んだりして、無料のコインを貯めて行きましょう。アプリダウンロードをしてボーナスコインを無料で獲得できる仕組みもありますよ。

1巻30コインで購入できるのですが、基本的には120コイン=120円なので、大手他社のマンガアプリと同様になります。

Web版の『ジャンププラス』は月額900円で週刊少年ジャンプが読み放題となりますが、スマートフォン版は定期購読の期間が異なるそうなので、しっかりと確認しましょう。

アニメの人気作を多数出している週刊少年ジャンプがスマートフォンで読める時代、なんだか夢のようですね。

第2位 小学館の読者なら『マンガワン』

『マンガワン』は小学館の読者に嬉しいアプリです。「めぞん一刻」などの話題作も読めるようになっていますので、あなたの好きなマンガがあるかどうか覗いてみましょう。

「少年サンデー」のほかにも、「ちゃお!」、「Cheese!」、「コロコロコミック」、「ビックコミック」、「スピリッツ」系など幅広いジャンルのマンガを読むことができます。

無料で読む分はライフ式で、毎日9時と21時に4まで回復するようになっています。放置していてもそれ以上貯まることはありません。

ライフ1つにつき1話を読めるので、毎日8話は無料で読めることになります。それ以上はチケットが必要で、6枚で120円となるようです、たくさん読みたい場合はチケットを使いましょう。

期間限定無料配信もありますのでお楽しみに!

第3位 白泉社の読者なら『マンガPark』

『マンガPark』は白泉社の「アニマル」、「花とゆめ」、「LaLa」、「メロディ」などのマンガを取り扱っているアプリです。

毎日6時と21時にフリーコインを貯めることができます。そのほかにも無料で読める工夫が満載!1話無料で試し読みができるほか、期間限定で一部無料公開しているマンガもあります。

「学園アリス」や「夏目友人帳」など有名作や話題作が豊富にそろっているので、かなり読み応えがあるのではないでしょうか。

他のアプリに比べても、試し読みが豊富な印象があります、期間限定の無料情報を随時チェックしてお得に楽しんじゃいましょう!

第4位 マガジン読者なら『マガポケ』

『マガポケ』はその名の通りマガジン系列のアプリです。「ダイヤのA」などの話題作が読めますよ。チケットを使うことで毎日1話が無料で、チケットは23時間ごとに1枚ずつ回復しますよ。

それ以外にも1話ごとにポイントをつかって読み進めていく形式で、120ポイント=120円で購入する形もあります。

無料のマンガを読むことでポイントを貯めることもできるので、使い方によってはとてもお得です。話題作や最新話はポイントが高く設定されているようなので、確認しながら読み進めるといいですね。

独特なのは、月額840円で毎週分の「少年マガジン」を読むことができる、2ヶ月前前のマガジンは無料になる、壁紙ダウンロードもあるなど、サービスが多彩な点です。マガジン読者には嬉しいアプリではないでしょうか。

第5位 スクエニの読者なら『マンガUP』

『マンガUP』はスクエアエニックスの作品が読めるマンガアプリです。「ドラゴンクエスト列伝」や「アラクニド」などの有名作を読むことができます。

こちらも大手他社のアプリと仕組みが似ており、1~数話まで無料で読めるものがあります。8時と20時に毎日MPが80ずつ無料配布され、そのMPを使用して8話まで基本無料で読むことができます。

それ以上はマンガコインが必要になり、1話20マンガコインとなっています。

第6位 言わずと知れた人気アプリ『コミコ』

インディーズの作品を掲載していることでおなじみなのが『コミコ』です。1話読むためには応援ポイントを10~15pt消費する仕組みになっています。

応援ポイントは課金の他にも、アプリインストールやログインボーナスで獲得することができます。

第7位 広告がない!?快適に読みたいなら『ピッコマ』

広告は必要なものだと解っていてもどうしてもいやだと言う方は『ピッコマ』がおすすめです。マイナージャンルのマンガが読み放題で、待てば無料なのに広告がないことで人気です。

ダウンロードも可能なので、通信量を気にしたくない方や、オリジナルマンガが好きな方にはすすめです。

 

第8位 1日に13話まで無料の『マンガBANG』


『マンガBANG』は毎日9時と21時に無料のメダルが4枚ずつ配布されます。これだけでも、合計で8枚ずつ貯まりますね。

1話につき1枚メダルを消費するのでこれで8話まで無料で読むことができます。

その他にもサイト内の広告を見ることで1話無料でみることができるので(1日5話まで)、実質13話分は無料で読むことがでるという仕組みになっています。

第9位 ダウンロードして読みたいなら『マンガZERO』

マイナージャンルの中でも、青年~ちょっと大人向けのコミックまで揃うのが『マンガZERO』です。

アプリをダウンロードすれば、会員登録をしなくても利用可能。初めに配布される無料チケットと、毎日8時と20時に無料チケットを上手に使用して読み進めることができます。

また、チケットがないときもコインで読み進めることが可能。基本は1話30~50コインとなります。コインは課金制で120枚=120円となります。

無料で読み切れるマンガも多数取り揃えていますので、気になる作品がないかチェックしてみましょう!

第10位 iOSの方だけが利用できる『コミックコンテナ』

現在iOSのアプリケーションのみなのが『コミックコンテナ』です。マイナージャンルのアニメ化作品などが読めるのがこの『コミックアンテナ』の魅力です。

1日2回7時と19時にフリーポイントが貰えて、最大120ポイント貯まります。その他のボーナスポイントは広告などを見て貯めることができます。

コミックを読むには1話につき平均30ポイント(最新話や話題作はもっと高額になります)を消費することになりますので、それ以上読みたい時は120円=コイン120枚で購入
することができますよ。

特典としては、ポイントを『booklive』に引き継ぐことができる点でしょうか、うまく使えばお得に読み進めることも出来るかもしれません。

第11位 SNSシェアで無料あり『マンガボックス』

『マンガボックス』は、インディーズのほか小学館や講談社の作品が読むことができます。一部の対象コミックで、SNSへのシェアをすることで無料で読むことができるものもあります。

ダウンロード機能もあるので、サクサクと読み進めることができますね。

第12位 ホラー系が好きなら『メディバンマンガ』

ホラー系やちょっと後味が悪くなってしまうようなダークなテーマのマンガが読みたいなら『メディバンマンガ』がおすすめです。無料チケット制で毎日8時と20時にチケットが配布される仕組みになっています。

通りすがりでも登録なしで試し読みが可能、1話~数話まであるのでお気に入りを見つけやすいかもしれません。

漫画をレンタルするなら?おすすめアプリランキング!

レンタル機能があることで、買い切り(従量課金)よりも比較的安くなるのが嬉しいサービスです。一度買って読んだマンガはあまり読み返さないタイプの方におすすめですよ。

一定期間がすぎると読むことができなくなりますが「期間内に読むだけでいい」という方にとってはかなりお得な利用方法です。

第1位 レンタルするならやっぱり『Renta!』

その名のとおり、『Renta!』はレンタルに特化したサービスで、電子貸本で48時間108円~なので、人気作を読むことができるアプリの中では圧倒的に安いです。

「トランス・キス」や「獣人さんとお花ちゃん」などときめくようなタイトルが満載です。

やや女性向きのラインナップが多い印象なので、レンタルを検討している女性の方は必見です。

詳しくはこちらに。
成人漫画・BL・TL・GLなら漫画アプリ「Renta!」がおすすめ

第2位 知る人ぞ知る『コミックシーモアレンタル』

買い切り型で有名なコミックシーモアのTOPページからアクセスできる『コミックシーモアレンタル』は、知る人ぞ知る機能。作品がとても安くレンタルできます。

Web版のページはあっても、アプリになっていないのが残念なくらい、使いやすいサービスですよ。

「ハーレクイン」や「まんがグリム童話」など、ややマイナージャンルの作品が多いですが、作品がレンタル2泊3日最大83%OFFで読むことができます。

第3位 無料レンタル券が使える!『comico(コミコ)』

インディーズ作品で有名な『comico(コミコ)』にもレンタル券というものがあります。レンタル券を使うことで1つのタイトルにつき1エピソードが8日の間読むことができるというものです。

待てばもらえるレンタル券は、1作品につき1枚しか所持できないことになっていることは留意したほうがいいですね。

他のレンタルのアプリとは少し仕組みが違って、無料でレンタルできるというのが魅力です。

番外編:マンガサービスの1部分だけが無料のアプリ

1: 日本最大級の人気アプリ『pixivコミック』

同人作家やインディーズの漫画家が集うのが『pixivコミック』です。クオリティの高いイラストでおなじみですね。

無料で読める期間は決まっていて、その期間が終了してしまうと読めない話も出てくるようです。

ボーイズラブ(BL)のほかにも、百合(GL)作品が充実している印象があり、インディーズの種類はほんとうに多いと思います。

料金体系が不明瞭で作品によってまったくバラバラなのが残念です。一部有料・一部無料としか書く事ができません。

2: みんなでにこにこしよう『ニコニコ漫画』

インターネットに親しんでいる方の味方、ニコニコ静画のコンテンツのひとつが『ニコニコ漫画』です。

『ニコニコ漫画』の魅力はなんといっても動画のように右から左にコメントが流れることで、みんなでいっしょに作品を楽しんでいる臨場感がありますよ。

各大手出版社の人気作品も読むことができるのが嬉しいですね。作品の一部分のみを無料で公開しており、その他は有料となります。

3: インディーズ作品のみが無料『GANMA』

完全無料でインディーズ作品を読むなら『GANMA』がおすすめです。基本は完全無料ですが、月額360円(税込)で、1週間先に公開される作品を先に見られるという先読みができるのが魅力ですね。

 

恋愛漫画が読み放題!無料漫画アプリ*2選

恋愛漫画やティーンズラブ、古い作品を多く掲載しているアプリをご紹介しましょう。

こちらにもさらに多くのマンガアプリを紹介しています。
無料漫画アプリで読める胸キュン恋愛漫画10選

1: 大人の女性向け恋愛漫画『コミックエス』

登録やチケットは不要で完全無料で読めてしまうのが『コミックエス』です。広告も邪魔にならずに読めると女性に人気のアプリとなります。

2: 少女漫画からBLまで揃う『マンガMELT』

こちらも、チケットや登録不要で無料で読めるアプリです。Wi-Fi環境下でダウンロードして読めるのがみんなのお気に入りポイントなのだとか。

英語の勉強もできる漫画アプリ・2選

漫画を読みながら英語も勉強できてしまうなんて、一石二鳥ですよね。日常会話を英語で覚えておくと、英語を話さなければならないタイミングでも安心ですね。

お母さんから「マンガばっかり読んでいないて勉強しなさい!」と言われても、堂々と「英会話勉強してるんだよ!」と言えたら嬉しくないですか?

1: 人気アプリ『マンガボックス』は英語対応

多くの方が日本語に設定されていますが、英語を勉強したいときには設定を英語に切り替えて読んでみましょう。有名な漫画家さんも多いのがこの『マンガボックス』なので、楽しく英会話が勉強できますね。

詳細については前半で説明したとおりとなります。

2: 『Comic Walker』の設定を英語に切り替える

今回の記事で初めてご紹介する『Comic Walker』も、設定を英語に変更するだけでマンガのセリフ部分が英語になるようです。

KADOKAWAが運営しているアプリで、1巻無料キャンペーンなどを行っていることで注目を集めています。

年齢制限!中学生でも読めるアプリはどう見分ける?

アップルストアではアプリの対象年齢を「4+」「9+」「12+」「17+」に分けているので、中学生でも安心して読めるためには「17+」以外の無料アプリを選ぶ必要があります。

無料アプリの中でも、今回紹介したものの中で12+なのは『GANMA!』『XOY』です。「17+」になると高校生~大学生以上に向けたものや性的な描写も含まれてしまうので、注意してアプリを選びましょう。

PCで読める漫画アプリは?一覧にしてみた!

今回紹介したものの中で、PCから見ることができるアプリをピックアップしてみましょう。

  • U-NEXT
  • ebookJapan
  • コミックシーモア
  • FOD
  • マンガPark(アプリ版とは料金が異なる)
  • booklive
  • honto
  • ジャンププラス
  • ピッコマ
  • サイコミ
  • マンガZERO(Web版は冒頭だけ)
  • コミコ
  • LINEマンガ
  • マンガ図書館Z
  • dブック
  • Amazon kindle unlimited
  • auブックパス
  • Renta!
  • XOY
  • pixivコミック
  • ニコニコ漫画

上記となります。

これ以外のものはスマートフォンのみとなりますので、Windowsでは閲覧することができません。

また、Windows版とアプリ版で利用方法が若干異なる場合もあるようですので、Windows版を利用したいときにはあらかじめ公式サイトでチェックしてみましょう。

最後に

わたし自身がマンガアプリをよく使うのですが、こんなにあるのかと正直驚きました。今回は数あるアプリの中でも、特に人気で注目を集めているアプリについてご紹介しました。

あなたの快適なマンガライフの一助になれば幸いです。